英語でのレッスン

 

 

英語は手段であって、目的ではないことは今や常識となっています。英語は学ぶ(特に子供の場合)というより、英語を母国語とする子供達の様に自然に収得していくのが理想と言えるでしょう。もちろん本来の学習目的は、楽器の演奏であり、音楽を美しく奏でる。それをしっかり認識した上で、その学習過程において英語が出来る様になれば、それに越したことはありません。

語学、特にコミュニケーションにおいて、音を伝達していくという意味では音楽も言葉も同じなのです。日本語は英語に比べややフラットです。英語は日本語よりアクセント、リズムがはっきりと表れているところが音楽との共通点です。英語の様に大きな強弱を使い、リズム感豊かな言葉を聞いて、それを収得していくことは、逆に音楽の表現にもプラスになっていくと思います。また一般的に用いられる英語の感情表現は日本語より豊かだと思います。そして、その様な表現を聞いて使っていくことも曲の演奏には大きなプラスとなるでしょう。

音楽のレッスンにおいては、音が大事。つまり聴覚を研ぎすませている状態であり、しかも良い音を出していれば、レッスンは楽しいものです。その様なポジティブな状態、気持ちの中では物事を吸収する力も自然と上がっていきます。そこには先生の話す英語も音として自然に入っていきます。子供向けピアノ教科書では、音楽と詩が一体になっています。聞きながら、また弾きながら歌うことによって自然に言葉を身体で感じ取り、同時にアクセント、イントネーション、リズムも収得できます。

戻る 「レッスンから得るもの」<< | >> 次へ 「レッスン内容とレッスン料」


田村玲子 音楽教室